リクシルの樹脂サッシに交換しよう

何十年も住んでいるといろんな所が古くなっていきます。特に水回りは、カビなどが生えやすいで、15年から20年くらいに一回はリフォームをする人が多いです。しかし、水周りだけでなく、他の部屋も古くなっていきます。普段生活をしているキッチンや、リビングなどが冬になると、とても寒くなり、暖房器具を何台も使っている場合は、サッシを交換することで、部屋の中が暖かくなります。リクシルの樹脂サッシは、断熱性に優れており、変えるだけで、部屋の暖かさが全然違います。広いリビングでも1台のエアコンで、部屋中が暖かくなります。最近は、新築の家を購入する人の多くが、暖かい部屋にするために、断熱性の高いサッシや、床暖房の機能をつけたりします。床暖房は、冬でも冷やっとした床の冷たさを感じることがないので、生活が快適に送れます。

リクシルは魅力的なサッシを取り扱っています

窓まわりの空間をリフォームして理想的な空間にしたいときは、リクシルに相談してみるとよいでしょう。リクシルなら魅力的なサッシを種類豊富に取り扱っているため、希望に合ったリフォームが実現すると、たくさんの人たちに選ばれています。たとえば、断熱性能があるもの、防犯機能や採光重視があるものなど、豊富に取り扱っています。ホームページにアクセスすれば、たくさんのサッシが掲載されていますし、施工事例も豊富に掲載されています。そのため、どのような窓まわりにしようか迷っているときは参考になりますし、イメージづくりにも最適です。もちろん、困っていることがある場合は問い合わせることで相談にも対応してくれますので、気になっていることがある場合は気軽に相談してみるとよいでしょう。悩みや困りごとが解消するように、具体的に提案してくれます。

リクシルのアルミサッシのお手入れ

リクシルのアルミサッシをお手入れしたくなったら、製品を傷つけない正しい方法で汚れなどを落としましょう。間違った自己流の方法でお手入れをすると、かえってサッシの劣化を早めてしまうかもしれません。もしも正しいお手入れ法を知りたい場合は、リクシルのホームページにも掲載されているので、確認してみると良いでしょう。アルミは全体に丈夫なので、それほど頻繁に掃除をしなくても問題ありません。年末の大掃除で、年に一度実行するだけでもきれいになります。基本的には、雑巾を使った水拭きと乾拭きでOKです。汚れがひどい時は、中性洗剤を薄めて利用します。アルミ製品では、中性洗剤以外の物は使わないようにしましょう。他の洗剤では、アルミ部分を傷めてしまうリスクがあります。リクシルサイトのサポートページでは、トラブル診断や修理依頼も受け付けています。サポートサービスを利用しつつ、普段のお手入れでサッシを長持ちさせましょう。